概要
在来木造専用住宅2階建 延面積153.06㎡
設計・監理
Ishikawa Studio(東京)
コメント
長年住まい続けてきた実家を解体し、親御さんと同居するにあたってモダンなデザインを選択。見た目以上に室内は隠し戸の収納があちこちに配され、女流建築家らしい配慮が見受けられる。屋根のトップライトが2階床を突き抜けて1階をも照らすことで細い開口部でも室内が常に明るい。設計の石川さんはひとつきを東京と浜松で過ごす活動家。このアクティブさが”施工屋泣かせ”なキワドイ納まりを思いつくのかもしれない・・・。